インフルエンザと腸内環境

投稿日:2016年12月14日|カテゴリ:スタッフから

いよいよ冬本番。

インフルエンザの流行も全国的に広がってきています。

インフルエンザは免疫力が弱っていると感染しやすくなります。

普段から十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけ免疫力を高めておきましょう。

 

免疫力といえば、実は腸は人の体で最大の免疫器官なのです。

腸内環境が整うと代謝が上がり、体温が上がって免疫力が上がります。

<<腸内環境を整える方法>>

①食生活の改善

悪玉菌の好むエサとなる動物性タンパク質や脂肪分の多く含む肉類を摂り過ぎない。

食物繊維や発酵食品など、善玉菌を増やす食事を多くする。

②適度な運動

軽いジョギング、ウォーキング、ヨガなどで血の巡りを良くする。

③ストレスを溜めない。

脳と腸は繋がっています。

 

これらの方法で腸内環境を整えて、この冬を乗り切りましょう。

 

ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー 柿島