梅雨時期の体調不良

投稿日:2017年6月27日|カテゴリ:スタッフから

梅雨時期は雨が降ることで、肌寒く感じますが晴れの日は気温が高くなるため、大きな気温差を感じます。
そのため、人の体は気温の変化についていけず、自律神経の乱れなどが起こりやすく、また、多湿な環境から
体に水分が蓄積しやすくなり、体がむくみやすくなります。
このような体調不良を改善させるためには、ゆっくりと入浴し、血行促進させることがよいでしょう。
また入浴後にストレッチやマッサージをするとより効果的です。
そして、むくみを防ぐために、塩分の摂り過ぎには注意してください。
梅雨はジメジメして気分が優れないものですが、早めの予防や体調管理で、梅雨を乗り切りましょう。
受付 大野