インフルエンザの予防接種が始まります

投稿日:2017年10月10日|カテゴリ:スタッフから, 医療ニュース

インフルエンザの予防接種が始まります。

ご存知のかたも多いと思いますが、インフルエンザは予防接種を受けることで
症状の発現や重症化(合併症や入院など)のリスクを減らすことができます。

接種時期は、例年流行する1月~2月にしっかりと抗体ができるように、
その1~2ヶ月前の10月末~11月、12月初めまでに接種をするのが理想的といわれています。
また、接種後、抗体ができるまでに1~3週間程度の時間がかかり、
その後抗体は3~4ヶ月後には徐々に減っていきながら、約半年間持続します。

早めに計画をたててインフルエンザに備えましょう。
当院では10/11から接種が始まります。ご活用ください。

秋が深まるにつれて空気はどんどん乾燥していきます。
うがい、手洗いもかかさずに、風邪やインフルエンザを予防しましょう。

看護師 上原