「末梢神経伝導検査」ってどんな検査ですか?

投稿日:2017年10月24日|カテゴリ:スタッフから

当クリニックでは、糖尿病の3合併症の一つである糖尿病神経障害の有無や程度を評価する検査として
末梢神経伝導検査を行っております。
検査は、左右の足の腓腹神経に電気刺激が伝わる、
①速度と②ふり幅(大きさ)を測定して評価します。
検査時間は数分で終了します。

糖尿病神経障害が疑われる場合は、
血糖管理、血圧・脂質管理、生活習慣の改善、足のケアに注意し
合併症が進行しないように心がけましょう。

臨床検査技師 柿島