みずみずしい春野菜をもっとおいしく

投稿日:2018年3月27日|カテゴリ:スタッフから

みずみずしい春野菜が出回るこの時期、
じゃがいも、キャベツ、たまねぎは1年中いただける野菜ですが、
春は一味違うフレッシュな味わいをたっぷりいただきましょう。

(新じゃがいも)
この時期のじゃがいもには、特にビタミンCが豊富で、レモンに匹敵するほどのビタミンCが含まれているそうです。
水分が多く、ホクホクというよりも、もっちりとした食感を楽しめます。
皮が薄いのでぜひ皮をつけたまま揚げたり、煮物にするなどしていただきましょう。

(春キャベツ)
春キャベツはふんわりと巻きがゆるく、やわらかくみずみずしいのが特徴で、
生のままいただいても、フレッシュなおいしさが楽しめます。
ビタミンCやビタミンK、カルシウム、食物繊維の他、
うま味成分であるグルタミン酸を含み、生でも加熱してもおいしくいただけます。

(新たまねぎ)
春先に出回る新たまねぎは、水分が多く特有の辛みが少ないので、
生のままサラダや和え物などでいただくことで、
代表栄養素のビタミンB1、硫化アリルをよりよく摂取できます。
また火を通すことで、たまねぎの甘さをより楽しめます。

野菜コーディネーター&検査技師
柿島