熱中症予防に適した食品を意識しましょう!

投稿日:2018年7月3日|カテゴリ:スタッフから

例年よりも早い梅雨明けにより暑い日が続いていますが、熱中症対策はきちんとできていますか?
熱中症対策には『水分・ミネラル・塩分』が重要です。
お勧めの食材は下記の通りです☆
梅干し・・・最も塩分を効率よく摂取できる食べ物です。摂り過ぎ注意で1日1~2粒が目安です。また、疲労回復の効果があるクエン酸の含有量も多いので(レモンの倍)、夏バテ効果もあります。
スイカ・・・90%以上が水分です。ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。適度に塩をかけて食べるとなお効果的です!
レモン・・・最もビタミンCを多く含んでいると同時にクエン酸も多く、疲労回復や夏バテに最適です。梅干し同様摂りすぎには注意なので、飲み物や食べ物に混ぜることをお勧めします。
豚肉・・・糖分を分解しエネルギーに変換するときにビタミンB1、多くのタンパク質を摂取することができます。夏バテに負けない強い体を作ることができます。

これらだけが重要ではなく、バランスの良い食事、適度な運動、良質な睡眠も必要になってきます。
屋外だけではなく屋内でも熱中症は発症しますし、スポーツをする人、夏ならではのイベントなどで長時間外にいる人、高齢者やお子さんは、こまめな水分補給や紫外線対策も取り入れて特に意識して熱中症を予防しましょう!

受付クラーク 葛西