紫外線に注意

夏本番になり、ますます日差しが強くなってきました。そこで注意したいのが紫外線です。日光は大きく3つに分かれて「赤外線」、「可視光線」、「紫外線」があります。その中で、お肌への影響があるのが紫外線です。日光そのものが悪いわけではなくこの紫外線を防ぐ事が大切です。紫外線を防ぐ手段として、日焼け止めがあります。皆さんは日焼け止めを正しく選べていますでしょうか?

日焼け止めには大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2つあります。紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、エネルギーに変えて放出します。紫外線を防ぐ力が強いですが肌への負担も大きいところが特徴です。一方で、紫外線散乱剤は紫外線を反射・散乱させて皮膚を防御するため肌への負担は少ないという特徴があります。またSPF,PAという表記に注目して購入する方が多いと思われます。これが表す意味はSPFはしわやたるみの原因となる紫外線をどのくらい遮断できるのかの目安の数値です。具体的には「SPF1」は日焼けが始まるまで20分かかると言われています。例えば「SPF30」ならば20分x30=600分(10時間)という計算になります。PAの場合シミやそばかすの原因となる紫外線からどのくらい防御できるかという目安の数値になります。(+)の数が多ければ多いほど効果は高いです。しかし、どちらの数値も高いほど肌への負担も大きくなるので、自分の肌やライフスタイルに合わせて日焼け止めを選びましょう。

検査技師  小池

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約