年末年始の過ごし方

人が集まる機会が多い年末年始。

ただでさえ大型連休なので食べたり飲んだりと

何かと普段の生活よりもカロリーはオーバー気味になってしまいがちに。

ある調査によると、年末年始で体重が増える人は約70%、そのうち約50%は2Kg増えるそうです。

年末年始で太ってしまうのは、食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動不足があげられます。

知らずに消費カロリーより摂取カロリーが多くなってしまっているのです。

食べた後、脂肪になるまでには10日~14日と言われています。

しかし、できるなら暴食をしたら2日以内を目標にリセットをかける事が理想です。

食べ過ぎた次の日は、基本的にはとり過ぎたものを避けることが良いといいます。

お酒を飲み過ぎた翌日はお酒を控える

脂っこいものを食べ過ぎた翌日は油ものを控えるなど。

しかし年末年始に食べ物で調整するのは難しいので、摂取カロリーを消費すべく日中に良く動くことが年末年始の食べ過ぎのリセットになります。

ひと駅分歩いたり、エレベーターを使わず階段の上り下りをするだけでカロリーは消費され軽い運動にもなります。

歩く時は、腕をしっかり後ろまで振って、歩幅を大きく早足で歩くとエネルギー消費に効果的です。

東京都心なら、ひと駅の間隔はだいたい1キロ前後、歩いても15~20分らしいので、ちょっとしたウォーキングとしてはちょうどいいですね。

良く歩くことに加え、階段の上り下りも効果大です。

上り下りの際はお尻の穴をキュッと締め、背筋を伸ばすとさらに代謝アップになるそうです。

年末年始で食べ過ぎた時は、その都度、身体を動かしたりカロリー収支を調節して美味しいものをたくさん食べたいですね。

受付 髙山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約