手荒れ…手にも優しさを

手荒れとは一般に手指の皮膚が水分を失い乾燥するとともに皮膚のかゆみやひび割れなどの症状を伴うこともあります。

医療・介護の従事者は、水仕事も多く感染管理のための手洗いや手指消毒も頻回に行わなければならないため否が応でも手荒れしやすい状況にあると言えます。手荒れした手指を介して感染を広げてしまう可能性もあるため手荒れを予防することが大切です。

ハンドクリームにも正しい塗り方があります。手のひらでクリームを温め、手の甲をやさしく押さえるようにプレスしてクリームをなじませ指先や爪のまわりまでもみ込みましょう。少し良くなったからといってケアを怠らない。角層が生まれ変わるまで約6週間かかると言われています。いつもは手の甲にクリームを出しささっとこすり合わせておしまい!といった塗り方をお家にいる時間が増えてきた今こそ手のケアにもいつもより少しだけ多く時間をかけてみませんか?

看護師 塩田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約