イソジンうがいについて

イソジンうがいのニュース。
コロナウイルス感染症対策として効果があるか検討を始める、といったニュース。

私は甲状腺専門医として、風邪以外の際の日頃からの毎日のイソジンのうがいを控えるように話している立場から一言。

昨日から今日にかけて多くの薬局でイソジンのうがい薬の姿が消えたそうだ。
ニュースは恐ろしい。報道の在り方がまた問われる問題だが、今日のニュースを聞いていると、甲状腺機能障害がある人は気をつけるように、と付け加えた説明になっていたので、少し安心したが、私はコロナウイルス感染症への対応としてイソジンのうがいを毎日するというのは大反対!!!

これは甲状腺に対することだけではない。いつも私のクリニックや大学の外来でも、甲状腺疾患があろうがなかろうが、無駄な殺菌、消毒は無駄どころか有害だと指導してきた。

これからイソジンのうがいがコロナ対策として効果があるか検討を始める、といったニュースを聞いたが、これは内科の専門医から言わせてもらえば、始める前から結果は見えているようなもの。
ウイルスに対して効果のある薬剤を使えばウイルスは一時的に、局所的には減ることなんて当たり前だから、イソジンを使ったらコロナウイルスが減ったなんて、研究をやる前から分かっているよね、という話。

当たり前にイソジンはウイルスにも対して効果があるので、いまだに重要な消毒が必要な医療現場ではイソジンが使用されている。

なので、イソジンでうがいをした群が、うがいをしていない人の群と比較して効果がありそうだ!といっとしょうもない研究結果の発表をしないかを非常に危惧している。
もしその研究をやるなら、私なら、水でうがいをする群、塩水でうがいをする群、日本茶でうがいする群も何もうがいをしない群と合わせて対照群として研究するだろう。

私は以前から、無駄な消毒は手だけでなく、喉もやるべきではないと自論を持っている。手は皮膚で覆われていてケラチンという組織であるからまだしも、喉の中は粘膜である。そこを始終イソジンで消毒するなんてナンセンスどころか、長期間やっていれば必ず有害性が現れてくるだろう。
大阪の府知事である吉村さんは今までとっても良い仕事をしていらっしゃると評価していたが、今回のイソジンうがいは、私からすればあまりにも頂けない。

もしうがいを推奨するのであれば、私は今までと同様、これからも塩水やお茶でのうがいを勧める。これは甲状腺疾患だけを対象としているのではない。全ての人の予防に対してである。

一方今までも指導してきたが、風邪を引いている状態であるなら、仮に甲状腺疾患の人でも、イソジンのうがいを数日間やることは何も問題無いので、やるように伝えてきた。
必要な時はやる。ただ必要でない、喉の症状など何もない時に毎日イソジンでうがいするなんて、とんでもないアホみたいなことはやめて欲しい。

人が歩いていない時にマスクをするように!というのと同じくらい馬鹿馬鹿しい。

本来混雑していない電車で、話すことなく携帯をいじっているだけなら、マスクなんて当たり前だが全く要らない。
でもそのような報道はまだまだない。

みんなマスクして、今度はみんなイソジンでうがいして!なんてとんでもないこと、ほんとにやめてほしいなあ。。。

少なくとも私のところに受診される方々や私のFacebookを見られる方には伝えていきたい。

今後私のクリニックでも、環境がそろった段階で新型コロナウイルスPCR検査や抗原検査を行っていく予定だが、なるべく多くの方に安心して頂ける環境整備を進めていく所存である。

もっとおおらかに気持ち良く生活することこそ、健康には必要だともっと伝えて欲しいし、もっと日頃から運動することが大切だととか、きちんと早く寝て早く起きる睡眠が重要だと報道して欲しい。

全ての人にとって役に立つ情報発信をしてもらいたいと同時に、きっとそのような報道関係者が今後出てくると信じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約