季節の変わり目の体調管理

秋は寒暖の差があらわれやすい季節です。

数日で冷えこむようになったり、最近は、昼間と夜で気温差も大きくなってきましたね。

そんな季節の変わり目である秋に体調を崩してしまう人も多いと思います。

秋に体調を崩してしまう理由として

・夏に受けた冷えによる疲れの影響

・急な温度変化

・空気の乾燥

・日照時間の減少 

などがあります。

季節の変わり目を乗り切るために

・体を冷やさない

身体を冷やさないように温かい飲み物や食べ物を食べて、お風呂にはしっかり浸かるようにしましょう。

食事ではショウガなど体を温める香辛料を積極的に使うのもおすすめです。

・水分を積極的に摂る

秋は喉の渇きを感じにくくなります。そのぶん積極的に水分補給することが大切です。

水分を摂るときは、体を冷やさないよう常温のミネラルウォーターや白湯を飲むことをおすすめです。

・太陽の光を浴びながら運動する

太陽の光を浴びることで、自律神経の働きを高め、さらに気分の落ち込みを解消することができると言われています。

・規則正しい生活を送る

規則正しい生活リズムを身に付けましょう。

自律神経のバランスの改善や、免疫力を高める効果が期待できます。

・食事でしっかり栄養を補給する

秋が旬の食材は美味しい物が多く、また栄養効果も高いです。

体調を崩しやすい秋。

少しずつ生活を改善し、日頃から食事に気を配り、運動を取り入れていく事で、体調管理をしていきたいですね。

受付 髙山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約