加湿器

室内の空気が乾燥しやすい冬場、東京を例に挙げれば、冬の湿度は50~60%まで下がり、そこにエアコンをつけると部屋の空気はカラカラになってしまいます。湿度を上げるには加湿器が最適です。

風邪やインフルエンザの予防に!
加湿器でしっかり加湿することはのどや粘膜の乾燥を防止するとともにウイルスの活動も抑制できるということで、一般的に風邪の予防にも効果的と言われています。
インフルエンザの予防法として「適度な湿度の保持」を挙げて湿度を50%~60%に保つことと言われています。
ただし、加湿だけで予防することはできませんので、うがいや手洗い、体調管理もあわせて気をつけましょう。

加湿は賢い暖房のテクニック!
同じ室温でも、湿度が上がると体感温度も高くなります。加湿器を上手に使って、暖房の省エネに努めましょう。

加湿器の能力を最大限に活かして効果的に使うためには、置き場所を工夫する必要があります。加湿器は部屋の中央に置くと部屋全体にうるおった空気が広がるので効率的です。
とはいえ、部屋のど真ん中に置くのは現実的ではないので工夫が必要です。例えばエアコンの風が直接当たらない場所に置いたり、加湿した空気をエアコンの風が運んでくれる位置に置いたり、窓際から離したりしてベストな位置を探してみてください。

空気の乾燥を防ぎ、居心地よい室内の環境を作りお家時間を心地よくお過ごしください。

受付 鷲巣

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約