喉が痛い時の対処法

気温が下がり、空気も乾燥してきました。

喉が乾燥しているとウイルスや細菌が入り込み、風邪やインフルエンザ、その他の病気にもかかりやすくなります。

喉が乾燥する原因は、外気が乾燥しているための季節性の乾燥、エアコンによる空気の乾燥、口呼吸による乾燥などが挙げられ、

マスク着用や室内の加湿、うがいなどによる予防が必要です。

また、喉の痛みがでる原因としては乾燥以外に、喉の酷使、アルコールの影響、喫煙、アレルギーなどがあります。

予防しても喉の痛みがでてしまった場合の対処法

・こまめに水分補給

  お茶、ぬるめの飲み物、水など

  (炭酸や辛いものなどの刺激が強い飲み物は避けましょう)

・こまめにうがい

  塩水や緑茶でのうがいで殺菌作用が期待できます。

・殺菌作用のある食材を摂る

  ねぎやしょうが、大根などには殺菌作用があり炎症を抑える効果に期待できます。

・うがい薬や喉の消炎薬(スプレータイプや舐めて溶かすタイプ)の活用

  乾燥により喉が荒れている場合:アズレン配合タイプ

  風邪やインフルエンザなどのウイルスが原因の場合:ヨードが主成分のタイプ

軽い症状では上記の対策で改善できる場合もあります。

早めの対策をして悪化を防ぎましょう。

高熱、喉の痛み以外にも気になる症状がある、我慢できないほどの痛み、膿がある、などの場合には

なるべく早い受診がおすすめです。

喉をケアして感染症を防ぎましょう。

看護師 上原

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約