金木犀の香りをお茶で

日中はまだ暑い日も、この頃は朝晩季節の進みを感じるようになってきました。

さらに秋めいてくる9月下旬頃から咲き始めるオレンジの花で強い甘い香りを放つのが金木犀(キンモクセイ)です。かなり遠くからでも香り、どこに咲いているのかを探してしまった経験もあると思います。

中国では桂花茶といって金木犀の花を乾燥させたお茶があります。熱いお湯をそそぐと甘く濃厚な花の香りが広がり、「リラックス効果」「ストレス解消」などの効用があるそうです。その他に胃炎等を鎮めたり、皮膚アレルギー、咳や痰止めの効果も期待できるそうです。夏の強い陽射しを受けた体と皮膚はダメージを受け、秋になった途端、夏の疲れで体調を崩してしまうこともあります。

桂花茶で夏の疲れをいやしてみてはいかがですか。

検査 柿島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約