寒さ対策の服装

初詣やイルミネーションなど、冬でも外で楽しむイベントはたくさんありますね。寒さに負けないためにも、「重ね着の方法」を知って冬を楽しみましょう。

寒いと洋服をたくさん着込んでしまいがちですが、実はただ重ねただけでは暖かさはキープできません。いかに自分の体温を逃がさないようにするかが、冬の寒さを乗り越える重ね着のポイントです。

<1枚目>

1番下に着る肌着のサイズや素材に大事なポイントは、

・伸縮性があって肌に密着すること。

・汗を吸って湿気を逃がしてくれる。

・体温から出る熱を保温してくれる。

コットンなどでは汗が外に出ていかなく、汗が冷えてしまいます。

<2枚目>

2枚目のインナーに大事なポイントは、

・血行が悪くならないように、肌着との間に若干の隙間ができるサイズ。

・綿やウールなどの素材で裏起毛などであれば尚暖かい。

2枚目には締め付けないサイズ選びと、保温してくれる素材を選ぶと良いです。

<3枚目>

アウターを脱いだら見える3枚目は、自分の好きなデザインの服を選びたいですね。素材の選び方としては、

・ニット素材

・スウェット素材

・フリース素材

これらに共通しているのは空気をたくさん含むことができる点です。暖かい温度の空気を3枚目の下にキープすることが大事なのです。

<アウター>

ウール素材にしてもダウンジャケットにしてもアウター選びで大事なことは、

・裏地や表地の生地の織が密なもの。

・裏地が付いているもの。

1~3枚目でキープした暖かさを逃さないように織の密度には注意した方が良いです。さらに、防水加工や撥水加工があるものであれば尚良いです。

他にも、「首」「手首」「足首」の3首は他の身体の部位に比べて皮膚が薄く、冷えを感じやすいので、この3つを冷やさないことも防寒対策の秘訣とも言えます。

受付 鷲巣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約