水を飲むことを習慣に

水をたくさん飲むと身体に良いと言われていますが、あまり水を飲む習慣がない人は意外と難しいことです。水は一度に大量に飲むのではなく、1日のうちにこまめに飲むようにすることで、浸透しやすくなります。以下の水を飲むタイミングを参考にして、1日の水分量を増やしましょう。

1:寝起き

朝起きたときは、身体の水分が不足しています。起きたらすぐに水を飲んで足りない水分を補いましょう。

2:食前

食事中は水分をたくさん摂りたくなりますが、咀嚼をよくしないまま食べ物を水で流し込むスタイルになりやすく、胃腸に負担がかかって消化が悪くなる傾向があります。

食前の胃の中が空っぽの状態のときに水分補給をすることで、身体が水分を効率良く吸収できます。

3:のどの渇きを感じる前

4:運動の前後

5:入浴の前後

6:就寝前

寝ている間にもたくさん汗をかくので、寝る前にもコップ1杯程度の水分補給をしておきましょう。

水をたくさん飲むことで様々な健康効果や美容効果を得られます。

できれば、冷たい水ではなくぬるま湯や常温水をゆっくりと飲むと胃に負担がかからないのでおすすめです。

ぜひ水を飲むことを意識して生活し、毎日の習慣にしてください。

受付 鷲巣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約