夏に活躍する麺類

蒸し暑い夏がやってきましたね。

暑い日が続くと食欲も失せるし、食事を作るのも嫌になってしまいます。

そんな時に大活躍するのが、手軽に食べられるそうめんやそばなどの麺類。

つるっと冷たいのど越しが、暑い夏にはうれしいですね。

麺類は、ご飯のようにおかずをつけるのではなく、麺の1品で食事を済ませてしまうことがほとんどです。

そのため、どうしても炭水化物に偏りがちです。栄養バランスを良くするためには、具だくさんにして、足りない栄養分を補う必要があります。

つゆにつけて食べるそうめんより、具だくさんにした冷やし中華の方が、栄養面からいえば良いです。野菜だけではなく、卵や肉などのたんぱく質のものをプラスすると、さらに良いでしょう。腹持ちも良くなります。

そばはちょっと変わり種で、そばには炭水化物以外にたんぱく質も豊富に含まれています。そばのたんぱく質は必須アミノ酸を豊富に含んでいて、穀物として優秀な栄養価をもっています。さらに、そばには血液サラサラ効果があると言われている「ルチン」という成分が含まれています。麺だけの栄養価でみると、そばは1歩リードしていますね。

シンプルですが、食べる意欲が湧くもの、食べたいものを食べるのが一番です。身体の負担からみておすすめなのは、胃に優しく消化しやすい「うどん」です。できれば温めて食べた方が身体が温まり、胃の刺激も少ないです。

麺類は炭水化物の食事に偏りがち、または早食いになりがちです。ゆっくり良く噛んで味わい、夏の食べ物を楽しんでください。

受付 鷲巣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約