温活習慣

朝晩、冷え込む寒さが続く今日この頃ですが皆様はいかがおすごしでしょうか。
今年は、例年より寒さが厳しくなる様です。
防寒も必要になりそうですが、インナーケアがもっと大切になりそうな冬になりそうです。
ー代謝に関わる筋肉ー
筋肉の量が少ないと基礎代謝が下がり
体内で熱が作られなく冷えを起こしやすくなります。
寒さが苦手な方ほど筋肉量を増やし体内で熱を作りやすい体質に変えていく事で
去年よりも今年は朝起きる事も、冬を過ごす事も苦手意識が減り快適な日常に。
口にするものも、冷たいものより温かいものを。それでも寒い場合は足首、首を温めたり。
ー身体の中で意識すると良い部位ー
肩甲骨と肩甲骨の間には褐色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼させる細胞で、
褐色脂肪細胞は、寒いとき脂肪を燃焼させて体温を保つために存在しています。
肩回しや肩甲骨周りを動かす事で褐色脂肪細胞が刺激され活性化していきます。
寒いからといって体を動かさないでいると
より一層冷えやすい寒さに弱い体になってしまうので、
家の中でもいいのでストレッチやご自身で習慣化できる運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

受付:黒米

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約