疲れにくいカラダを作ろう

新しい年が始まりました。

みなさんは今年どんな目標を立てましたか?

今年はこれにトライしよう!これを継続しよう!など、たくさんの目標や希望があると思います。

 

それを達成するためには精神力と体力が必要ですね。

お仕事や家事で多忙、睡眠不足になりがち、食事も不規則になってしまう、などを繰り返しているとあっという間に疲労が蓄積してしまい、やりたいことを実践するのが難しくなってしまうかもしれません。

蓄積してしまった疲労を解消するのは容易ではないので、まずは疲れにくいカラダを目指しましょう。

 

特別なことをするのではなく、基本的なことを毎日続けるだけで疲れにくいカラダは作れます。

 

  • 食習慣

1日に必要なエネルギーと栄養素を意識してしっかり食べる。

忙しいからといって1食抜いてしまったり、極端なダイエットをすると疲れを溜めやすいカラダになってしまいます。

 

  • 110~30分の軽い運動

運動をすると余計に疲れてしまう、、、と思われる方もいるかもしれませんが、運動不足による疲労というものがあるくらい、疲れにくいカラダを作るためにはご自分の体力にあった軽い運動を続けることがとても重要です。

運動習慣がない方は30分のウォーキングから、スクワットなどの下半身の筋トレもおすすめです。

 

  • 睡眠の質を上げる

寝る前にスマホやパソコンを見るとブルーライトの影響でホルモンの分泌に変化を与え、カラダは眠る準備が整いません。

少なくとも就寝30分前からはマホやパソコンの画面を見ることをやめて、気持ちとカラダを寝るモードに切り替えましょう。

 

それでも疲れていると感じた時はゆっくり休養、気持ちをリラックスさせて、疲れが蓄積しないうちに早め早めにカラダのメンテナンスをしましょう。

 

毎日コツコツ続けて、元気にやりたいことができる一年を過ごしたいですね。

 

看護師 上原

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


月別:アーカイブ