インフルエンザの流行について

今年もインフルエンザの予防接種が始まりました。
東京都感染症情報センターは9月27日、都内のインフルエンザ患者報告数が増加し、「流行開始」の目安となる数値を上回ったことを公表しました。
これは、例年の流行開始時期より2ヵ月ほど早く、国立感染症研究所の速報データによると、過去3年の同時期の報告数(定点あたり)は、例年の10倍前後の流行状況となっています。
気象と今年のインフルエンザの早い流行との関連性は、いまのところはっきりしておらず、ラグビーワールドカップ開催による海外からのウィルスの持ち込みも一因との説もあります。
10月以降は比較的暖かい気候が続く予想で、気象の観点からはインフルエンザの流行がこれ以上の状態で進むとは考えにくいのではといわれていますが、今後の気温や湿度が落ち込むタイミングに再び注意が必要となりそうです。


流行に備えて
• こまめな手洗い。アルコール消毒も有効
• 休養・栄養・水分補給
• 咳エチケット(くしゃみもマスク着用)
• 適度な室内加湿・換気
• 予防接種(かかりつけ医と相談)
を徹底して、しっかり予防しましょう。


看護師 上原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別:アーカイブ

close
甲状腺初診予約 甲状腺初診予約